電気自動車を導入しました。

このたび、四日市工場の社用車の管理を行っている東芝セキュリティ(株)四日市事業所が、電気自動車を導入しました。今回導入した三菱自動車製の「MINICAB-MiEV」には、東芝が研究・開発を行ったバッテリー「SCiB」が採用されています。

この「SCiB」は、急速充電性能、長寿命性能を有し、低温下など過酷な使用条件下でも短絡や劣化の原因となるリチウム金属が析出しにくいという特長を持っており、電気自動車の他にも電動アシスト自転車や太陽光発電など身近なものに活用されています。

四日市工場も環境への取り組みのひとつとして、環境に優しい電気自動車の活用をすすめていきます。

 

このページの先頭へ戻る