環境への取り組み

東芝メモリ株式会社 四日市工場は、世界有数の規模を誇る半導体工場です。急速に普及しているスマートフォンをはじめ、様々なデジタルプロダクツに組み込まれるNAND型フラッシュメモリを、ここ四日市から世界に送り出しています。最新鋭の生産設備を整えた生産工場であり、開発拠点でもある四日市工場は、同時に人類が直面する地球環境問題にも正面から取り組み、環境負荷低減を積極的に推進している工場でもあります。

市場の伸長とともに、おかげさまで工場の規模も拡大し、2005年に第3製造棟、2007年に第4製造棟、2011年には第5製造棟が稼働を開始しました。さらに、3次元構造のNAND型フラッシュメモリ(BiCS FLASH™)の量産に向けて第2製造棟を建て替え、2016年7月に竣工しました。新たな第2製造棟は第5製造棟比較で約15%のCO2排出量削減を目指します。四日市工場は地球温暖化防止策、化学物質削減、生物多様性活動など、世界トップクラスの最新鋭工場の名に恥じない様々な環境への取り組みを実践していきます。

* BiCS FLASH™は、株式会社東芝の商標です。

新・第2製造棟 外観
新・第2製造棟 外観

環境関連のトピックス

環境方針を改訂しました。
2017年4月1日、四日市工場環境方針を改訂しました。
「環境報告書(2017年度版)」を発行しました。 NEW
「環境報告書(2016年度版)」(英語版)を発行しました。
平成26年度 資源循環技術・システム表彰 経済産業大臣賞を受賞しました。
一般社団法人産業環境管理協会 資源・リサイクル促進センター主催の平成26年度 資源循環技術・システム表彰において、経済産業大臣賞を受賞しました。
平成26年度 3R推進功労者等表彰 会長賞を受賞しました。
リデュース・リユース・リサイクル推進協議会が主催する平成26年度リデュース・リユース・リサイクル推進功労者等表彰において、昨年度に引き続いて会長賞を受賞しました。
リデュース・リユース・リサイクル推進協議会会長賞を受賞しました。
リデュース・リユース・リサイクル推進協議会が主催する3R推進功労者等表彰において、「会長賞」を受賞しました(2013年10月29日)
2013年度東芝総合環境監査を受審しました。
東芝が独自に構築した「東芝総合環境監査」を2013年度は2013年11月27日・28日に受審し、高い評価を受けました。
「第2回みえ環境大賞受賞について」
三重県が主催する第2回みえ環境大賞(環境経営部門)を受賞しました。(2013年12月1日)
「エネルギー管理優良事業者 中部経済産業局長表彰」等を受賞しました。
「エネルギー管理優良事業者 中部経済産業局長表彰」、「省エネ推進功労者 一般財団法人省エネルギーセンター東海支部長表彰」を受賞しました。(2013年2月1日)
国際グリーンアップル賞を受賞しました。
The Green Organization(英国)が主催する『グリーンアップル賞』の国際部門で銀賞を受賞しました。(2012年11月12日)
リデュース・リユース・リサイクル推進功労者表彰 会長賞を受賞しました。
リデュース・リユース・リサイクル推進協議会が主催する3R推進功労者等表彰において、「会長賞」を受賞しました(2012年10月30日)
電気自動車を導入しました。
平成23年度「省エネ大賞」省エネルギーセンター会長賞を授賞しました。
「省エネ大賞」の省エネ事例部門で省エネルギーセンター会長賞を受賞しました。(2012年2月3日)
関西エコオフィス大賞奨励賞を受賞しました。
2010年7月7日、「関西エコオフィス大賞」の大企業部門で奨励賞を受賞しました。

このページの先頭へ戻る