2013年度東芝総合環境監査を受審しました。

東芝が独自に構築した「東芝総合環境監査」を毎年受審しています。
監査団は東芝グループ認定監査員で構成されており、現場管理を中心に省エネルギー、化学物質排出量削減、廃棄物削減などの環境アクションプランの達成状況などについて監査を行っています。
2013年度は2013年11月27日・28日に受審しました。例年、東芝グループトップクラスの評価を得ていますが、本年度も「現場管理をはじめとして、トップレベルの管理レベルにある。」と評価を受けました。
より良い地球環境の実現と社会の発展に貢献するとともに、地域の皆様に安心していただけるよう、今後も環境活動に注力します。

このページの先頭へ戻る