平成23年度「省エネ大賞」省エネルギーセンター会長賞を授賞

四日市工場は、平成23年度「省エネ大賞」(主催:(財)省エネルギーセンター、後援:経済産業省)の「省エネ事例部門」で「省エネルギーセンター会長賞」を受賞しました。

「省エネ大賞」は、企業などの節電や省エネ推進活動を対象とした「省エネ事例部門」と、省エネ・節電製品や省エネ波及効果の高いビジネスモデルを対象とした「製品・ビジネスモデル部門」の2部門から成り、2月1日(水)に東京で開催されたENEX2012「第36回地球環境とエネルギーの調和展」(主催:(財)省エネルギーセンター)で表彰式が行われました。

四日市工場は、「ポテンシャル追求による動力設備の省エネルギー」というテーマで、東芝グループで展開されているポテンシャル概念をもとに、省エネ施策の進んだ第四製造棟をはじめとする各製造棟で大きな効果を得た事を報告しました。

また、セミコンダクター&ストレージ社としても、四日市工場と関係の深い記憶媒体「エンタープライズ用SSD(ソリッドステートドライブ)」が「製品・ビジネスモデル部門」で「資源エネルギー庁長官賞」を受賞しました。

関西エコオフィス大賞「奨励賞」を受賞

このページの先頭へ戻る